メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/3 南国果実のお布施カレー

 <くらしナビ ライフスタイル>

 仏教の国・タイの正月は3度ある。中でも最も暑い4月の正月「ソンクラーン」は水掛け祭りと呼ばれる。北部の家庭では僧侶へのお布施としてカレーを作り、寺院に供え近所で分け合う。

 ●4月に3日間祝日

 最初の正月は西暦の1月1日。次に、1月下旬から2月中旬に祝う太陰太陽暦に基づく中国の春節。そして最も盛大に祝うのが、4月の正月「ソンクラーン」だ。太陽の軌道が12カ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を新年として祝う。現在は4月13~15日の3日間をソンクラーンの祝日にしている。

 タイ北部の家庭でソンクラーン明けの16日に家族で囲むスープカレー「ゲーンカヌン」と、祝い事の際に食べる卵菓子「トンヨート」を、タイ出身の料理研究家、味澤ペンシーさん(51)に作ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです