メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

ライスボウル 関学大、大会方式の変更要望 体格差など問題視

 関学大アメリカンフットボール部は3日、学生と社会人の王者が対戦する日本選手権ライスボウルの大会方式について、日本協会の国吉誠会長に口頭で変更を要望した。

 社会人王者は外国人選手がプレーするなど、学生とは体格やフィジカル面で差が大きい。この日の試合でも、関学大はQB奥野やWR小田ら複数の主力選手が負傷退場し試合も一方的な展…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです