メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/3(その2止) 揺らぐ一斉授業 高校生、IT企業要職に

インターンシップに参加する改野由尚さん(手前)=大阪府吹田市で2018年12月、梅田麻衣子撮影

 

 通学の電車に乗り込むと、すぐにパソコンを開く。広域通信制「N高校」2年の改野由尚(かいのよしひさ)さん(17)が毎朝取り組むのは、学校の勉強だけではない。大阪市のベンチャー系IT企業の「最高技術責任者(CTO)」としての“業務”も怠れない。

 改野さんは「プログラミングを学びたい」と、昨年4月に地元の工業高校からN高に転校した。現在は通学コースの心斎橋キャンパス(大阪市)に兵庫県太子町の自宅から通う。転校で1日の過ごし方は大きく変わった。

 大半の時間は課外プログラムに取り組み、インターネットの映像授業で必修教科を学ぶのは、むしろ空いてい…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1786文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです