メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・震度6弱

激震、Uターン直撃 被災者ら「また怖い思い」

九州新幹線が運転見合わせとなり、帰省客で混雑する熊本駅の新幹線改札前=熊本市西区で2019年1月3日午後7時12分、城島勇人撮影

 熊本県で年始早々の3日、震度6弱の強い地震が発生し、九州新幹線は終日運休となりUターンラッシュの足を直撃した。熊本地震から2年8カ月余りが過ぎ、大きな揺れはしばらくなかったが、被災者らは不安を抱えての新年のスタートとなった。

 「自宅でテレビを見ていた時にドーンと上につき上げられ、20~30秒ほど横揺れが続いた。物が落ちたりすることはなかったが、かなり大きな揺れだった」。最大震度6弱を観測した熊本県和水(なごみ)町総務課消防交通係の荒木和久さん(30)は驚いた様子で話した。

 和水町のそば店の従業員女性は調理中に揺れを感じた。窓ガラスが音を立てて揺れ、ガスが一時使えなくなっ…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです