メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「川端 日本文学の代表」 68年文学賞、選考委が評価

川端康成

 【ストックホルム共同】1968年にノーベル文学賞を受けた作家の川端康成について、スウェーデン・アカデミーが選考の際、「日本文学界の真の代表者」と評価していたことが判明した。同アカデミーが2日、共同通信に選考資料を開示した。

 川端は61年から毎年、候補となり、66年と67年には小説「古都」などが高く評価され最終候補に残った。同アカデミーは68年に授賞理由として「日本人の心の精髄を優れた感受性をもって表現する、その物語の卓越さ」を挙げていた。

 選考委員会の声明によると、68年の候補83人のうち、最終候補は川端のほか、フランスの作家、アンドレ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです