メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「川端 日本文学の代表」 68年文学賞、選考委が評価

川端康成

 【ストックホルム共同】1968年にノーベル文学賞を受けた作家の川端康成について、スウェーデン・アカデミーが選考の際、「日本文学界の真の代表者」と評価していたことが判明した。同アカデミーが2日、共同通信に選考資料を開示した。

 川端は61年から毎年、候補となり、66年と67年には小説「古都」などが高く評価され最終候補に残った。同アカデミーは68年に授賞理由として「日本人の心の精髄を優れた感受性をもって表現する、その物語の卓越さ」を挙げていた。

 選考委員会の声明によると、68年の候補83人のうち、最終候補は川端のほか、フランスの作家、アンドレ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです