メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

一富士茄子牛焦げルギー/3

一富士茄子牛焦げルギー 3

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん)と絵(え) たなかしん

「いや、ちょっと調子(ちょうし)悪(わる)いだけかもしれん。もう10分(ぷん)くらい焼(や)いてみよ」

 おとんは白(しろ)いままの熱々(あつあつ)の餅(もち)をお手玉(てだま)みたいに両(りょう)の手(て)で行(い)ったり来(き)たりさせながら言(い)った。

 僕(ぼく)とおとんはトースターが熱(あつ)くなってるのを確(たし)かめて、10分間(ぷんかん)餅(…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1441文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです