メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

桐蔭学園44-29天理 桐蔭、精度抜群キック

【桐蔭学園-天理】前半、PGを決める桐蔭学園・津田=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月3日、平川義之撮影

第5日(3日・東大阪市花園ラグビー場)

 バックスの展開力で桐蔭学園が勝った。後半は効果的なキックで相手陣深くへ入ると、3分にゴール前のラックからパスを回しWTB佐々木のトライで加点。5分後もWTB西川の追加点で流れをつかんだ。天理も鮮やかなサインプレーで沸かせたが届かなかった。

陣地挽回、攻撃に幅 津田貫汰(かんた)(3年) 桐蔭学園・SO

 自陣から蹴り上げたボールがグンとひと伸びし、ゴールまで5メートル付近を転々としてタッチラインを割った。後半開始直後、陣地を大きく挽回する効果的なキック。再びマイボールにしてバックス展開からトライにつなげ、「思い通りのキックで得点に結びついた」とうなずいた。

 「あこがれの場所」という花園の第1グラウンド。前半2分に約30メートルのPGを決め、「リラックスで…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです