メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

東福岡40-12長崎北陽台 東福岡、後半の加速力 猛攻耐え一気ギア

【東福岡-長崎北陽台】後半、ラックから東福岡が右に展開し志気がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月3日、久保玲撮影

第5日(3日・東大阪市花園ラグビー場)

 東福岡のバックス陣が展開力を発揮した。7点差に迫られた後半13分、相手陣22メートル付近のラックから展開してWTB志気のトライで突き放し、さらに3トライを奪った。長崎北陽台は後半6分のトライで追い上げたが、東福岡のスピードに苦しんだ。

自慢のBK、存在感

 九州勢同士、互いの手の内は知り尽くしていた。そんな東福岡の藤田監督が「ターニングポイント」と振り返ったのは、前半16分から約8分間にわたった長い防御だ。長崎北陽台自慢のFW陣に自陣22メートル付近からモールでゴール前約5メートルまで押し込まれた。その後もボールを保持されたまま劣勢が続くが、低く、集散の速いディフェンスで粘り切り、相手の反則で乗り切った。

 現チームでは、長崎北陽台に公式戦2連勝の東福岡。だが、藤田監督は「(これまでは)参考にならない」と…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです