メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「事前にスクープさせない」新元号、情報管理で即日決定へ 今後の焦点は選定に

新元号決定の際に想定される手続き

 安倍晋三首相が新天皇即位に伴う新元号を4月1日に決定・公表すると表明したことを受け、今後の焦点は新元号の選定に移る。政府は情報管理を徹底するため、昭和天皇逝去の当日に迅速に行った前回の1989年1月7日の手続きを踏襲し、今回も選定手続きに入った即日に決定・公表する方針だ。

 首相は4日、伊勢神宮(三重県伊勢市)での年頭記者会見で「具体的にどのような過程を経て元号を選定するかは、平成改元時の手続きを踏まえつつ決めたい」と語った。

 「平成」選定は、政府が事前に専門家から回収して絞り込んだ三つの元号案について▽各界の有識者の懇談会で意見を求め▽衆参正副議長の意見を聞き▽全閣僚会議の協議を経て閣議で決定――という手続きだった。昭和天皇が逝去された翌日から「平成」を施行するため、手続きを逝去当日に全て終える必要があった。大学学長、報道機関代表など8人による懇談会の議論は約20分間で形式的と指摘され、小渕恵三官房長官(当時)が記者…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです