メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東武ワールドスクウェア、外国人観光客に強み 不況ばねにツアー誘致

英国国会議事堂や時計塔のビッグベンを背景に記念撮影を楽しむ観光客=栃木県日光市の東武ワールドスクウェアで2018年12月20日、花野井誠撮影

 小さなエッフェル塔やスフィンクスを背に、ガリバー気分でスマートフォンを構える観光客。旅行談議で飛び交うのは日本語に加えて英語や中国語、ポルトガル語。栃木県日光市鬼怒川温泉大原の東武ワールドスクウェア(WS)は、バブル崩壊や足利銀行の経営破綻、東日本大震災を乗り越え、インバウンド(訪日外国人客)の人気スポットとして存在感を放っている。

 世界遺産などの名建築を25分の1のスケールで展示するテーマパークは、「1日でめぐる世界一周の旅」を…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです