リンゴ病が首都圏で流行中 妊婦は要注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伝染性紅斑の1医療機関当たり患者数の推移
伝染性紅斑の1医療機関当たり患者数の推移

 両頬がリンゴのような色になる伝染性紅斑(通称・リンゴ病)が首都圏や東北を中心に流行している。主に子どもがかかり、自然によくなることが多い。だが、妊婦が感染すると胎児に悪影響を及ぼし、流産や死産につながる恐れもあり、注意が求められる。

 リンゴ病はパルボウイルスが原因で、発熱やせき、くしゃみなど風邪と似た症状が出る。くしゃみのしぶきや、手や物の接触を介して広がる。ただ、主症状である紅斑が出た後は、ほぼ感染しなくなる。

 国立感染症研究所が全国約3000の小児科定点医療機関から受けている患者報告によると、週当たりの患者数は2018年は10月ごろから増え始めた。その後、近年で最も多い水準で推移する。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文682文字)

あわせて読みたい

ニュース特集