メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故死、最少の3532人 18年、65歳以上が過半数

昨年の都道府県別交通事故死者数

 警察庁は4日、全国で昨年に交通事故で死亡した人は3532人で、統計を取り始めた1948年以降最少となったと発表した。戦後最少だった1949年の3790人を68年ぶりに下回った前年に比べて162人減り、2年連続で過去最少を更新した。

 同庁は、車の安全性能向上や歩車分離式信号の設備、交通安全教育や取り締まり強化などの対策が功を奏したとみている。国は2020年までに年間死者数を2500人以下にする目標を掲げており、高齢ドライバーの事故対策などを進める。

 交通事故死者数は「第1次交通戦争」と呼ばれた70年に過去最悪の1万6765人に達した。90年前後に1万1000人強で推移し、96年に1万人を切ってからは減少傾向が続いている。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです