メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

苦境の地方交通 危機脱した福井2鉄道、住民の熱意と「苦肉の策」

えちぜん鉄道の車内で先輩アテンダント(左)に付いて研修を受ける新人=福井市中央1で2018年11月14日、宇都宮裕一撮影

LookWestけいざい

 人口減少時代を迎え、経営的に苦戦を強いられる地方の交通機関。しかし、福井県のえちぜん鉄道と福井鉄道は、行政の支援や沿線住民の熱意もあって廃止の危機から立ち直り、京都府北部を中心に走る京都丹後鉄道でも、高速バス事業で成長した民間企業が運営に参入し知恵を絞る。苦境下の地方交通に未来はあるのか?

この記事は有料記事です。

残り2748文字(全文2906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです