メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

苦境の地方交通 危機脱した福井2鉄道、住民の熱意と「苦肉の策」

えちぜん鉄道の車内で先輩アテンダント(左)に付いて研修を受ける新人=福井市中央1で2018年11月14日、宇都宮裕一撮影

LookWestけいざい

 人口減少時代を迎え、経営的に苦戦を強いられる地方の交通機関。しかし、福井県のえちぜん鉄道と福井鉄道は、行政の支援や沿線住民の熱意もあって廃止の危機から立ち直り、京都府北部を中心に走る京都丹後鉄道でも、高速バス事業で成長した民間企業が運営に参入し知恵を絞る。苦境下の地方交通に未来はあるのか?

この記事は有料記事です。

残り2748文字(全文2906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです