メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懐紙や短冊にしたため 「書は語る」展、徳川美術館で開幕

[PR]

作品に見入る来場者=名古屋市東区の徳川美術館で2019年1月4日、太田敦子撮影

 天皇や公家、文人らが懐紙や短冊にのこした書を紹介する「書は語る~30センチのエスプリ」(毎日新聞社など主催)が4日、徳川美術館(名古屋市東区徳川町)で始まった。2月3日まで。

 懐に入れて手や口をぬぐったりメモを書いたりした携帯用の紙「懐紙」や、懐紙を8等分にした「短冊」にしたためられた作品など200点あまりが展示されている。14世紀中期以降の歴史に名をとどめた著名な人物のほか、夏目漱石や川端康成といった文豪の作品もあり、書風の違いを楽しむことができる。

 初日は開幕を記念し、会場の玄関ホールで毎日書道会評議員の加藤裕氏が揮毫(きごう)。大勢の来場者が見守る中、新春に合わせ祝いを表す中国の言葉「南山寿」を書き上げた。作品は20日までホールに展示される。

 会場では特別展示として毎日書道展東海展の役員による「東海毎日新春書展」も開催され、新春をテーマに23点が出展されている。特別展示は20日まで。【太田敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです