メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

西日本豪雨 半年 広島・呉、築き直す思い出

多くの住宅が被害を受けた天応地区で、自家用の野菜を栽培する森末節さん。周辺の家屋の撤去が始まっていた=広島県呉市で2018年8月25日、小出洋平撮影

 1989(平成元)年に建て、その時代とともに一家の生活を刻んだ我が家を昨年12月に取り壊した。あるじである広島県呉市天応地区の森末節(みさお)さん(79)は、重機が入る様子を見つめ続けた。濁流に襲われた西日本豪雨から半年。妻子とともに民間住宅を借り上げた「みなし仮設」で暮らし、生活再建を図る。

 西日本豪雨では昨年7月6日に最初の大雨特別警報が出され、広島、岡山、愛媛3県などで大きな被害があった。15府県で死者は災害関連死を含めて236人となり、行方不明者はこの3県で9人に上る平成最悪の豪雨災害。呉市では25人が亡くなった。

 農家の三男に生まれた森末さんは、高度成長期に自動車メーカーで部品の品質管理を担い、38年間勤め上げ…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです