連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

独裁者の処刑人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 独裁者を処刑するというのはどのような心境だろうか。1989年のクリスマス。政権を追われたルーマニアのチャウシェスク大統領が銃殺刑となり、同国の民主化が実現した。その銃を撃ったのが元軍人のイオネル・ボエルさん(60)だ。

 上司の指示で軍事施設に行き、そこで初めて大統領の処刑を担当することを知る。頭に浮かんだのは「失敗したら自分が殺される」と…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集