メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイト

異郷で祈る モスク100カ所、地域に根付く

2階建て民家の「大阪茨木モスク」。ラマダン明けの祝祭「イード」では、モスク内に人が入りきらず外で礼拝するムスリムの姿もあった=大阪府茨木市で2018年6月15日、久保玲撮影

 <IN-SIGHT>

 イスラム教の礼拝所であるモスクが全国で増えている。日本の在留外国人が増える中、外国人のイスラム教徒(ムスリム)は約14万人と推定され、1980年代半ばの二十数倍に。既存の建物を活用するなどして、大切な信仰の場も100カ所以上になった。

 ラマダン(イスラム教の断食月)が明けた昨年6月15日、大阪府茨木市の住宅街にある2階建て民家の「大阪茨木モスク」にムスリムたちが続々と訪れた。東南アジアや中東などの出身者が礼拝後、車座になり食事をしてラマダン明けを祝う。2006年に開設され、大阪大の留学生や研究者、その家族を中心に約100人が通う。ラマダン中は普段より出入りが多くなるため、近隣住民にその期間が始まることをお菓子を添えて伝えるなど、気を配る。

 日本のモスクは一軒家やビル、工場の倉庫やコンビニといった既存の建物を改装したものが多い。愛媛県新居…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1124文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです