メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイト

異郷で祈る モスク100カ所、地域に根付く

2階建て民家の「大阪茨木モスク」。ラマダン明けの祝祭「イード」では、モスク内に人が入りきらず外で礼拝するムスリムの姿もあった=大阪府茨木市で2018年6月15日、久保玲撮影

 <IN-SIGHT>

 イスラム教の礼拝所であるモスクが全国で増えている。日本の在留外国人が増える中、外国人のイスラム教徒(ムスリム)は約14万人と推定され、1980年代半ばの二十数倍に。既存の建物を活用するなどして、大切な信仰の場も100カ所以上になった。

 ラマダン(イスラム教の断食月)が明けた昨年6月15日、大阪府茨木市の住宅街にある2階建て民家の「大阪茨木モスク」にムスリムたちが続々と訪れた。東南アジアや中東などの出身者が礼拝後、車座になり食事をしてラマダン明けを祝う。2006年に開設され、大阪大の留学生や研究者、その家族を中心に約100人が通う。ラマダン中は普段より出入りが多くなるため、近隣住民にその期間が始まることをお菓子を添えて伝えるなど、気を配る。

 日本のモスクは一軒家やビル、工場の倉庫やコンビニといった既存の建物を改装したものが多い。愛媛県新居…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです