メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事始め

世界に打って出る年に 官公庁や企業 /青森

 官公庁や多くの企業は4日、「仕事始め」を迎え、新たな一年へスタートを切った。県内でもそれぞれのトップが新年の抱負を語り、職員らに訓示した。

 県庁では、三村申吾知事が幹部職員約100人を前に年頭のあいさつ。三村知事は、人口減少克服を課題に掲げ、「県民の誰もが安心して働き、暮らしていける持続可能な地域作りを進めたい」と訓示した。さらに、海外への販路拡大やインバウンド(訪日外国人)需要の更なる獲得などに触れ、「『選ばれる青森』に向け、各施策を推進してほしい」と呼びかけた。

 その後の記者会見で、三村知事は、巨大な鳥の鵬(おおとり)が翼を羽ばたかせ南の海を目指す言葉「図南鵬…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです