メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマハゲ

「ホー、ホー」乱入 無形文化遺産登録後初の正月 子供たち「いい子にします」 遊佐 /山形

 怠け心を戒めて勤労を促す「アマハゲ」が3日夜、遊佐町吹浦の女鹿集落を練り歩いた。昨年11月に「遊佐の小正月行事」の一つとして国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されてから、初めて迎える正月。赤鬼や青鬼などの面に「ケンダン」と呼ばれるみのをまとって「ホー、ホー」と奇声を発しながら家々に上がり込むと、子供たちは怖さのあまり泣き叫び、両親らに助けを求めていた。【高橋不二彦】

 秋田県境に近い同町の3集落に伝承されており、滝ノ浦集落では1日に実施。鳥崎集落では6日夜に行われる…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです