メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳ラバーズ

百舌鳥・古市 世界遺産へ 安易な観光化に警鐘 いたすけ古墳を保護、宮川さん /大阪

「いたすけ古墳」保護運動に取り組んでいた当時の資料などを見る宮川さん=堺市堺区で、矢追健介撮影

宮川〓(すすむ)さん

 堺市堺区にある田出井山古墳(反正天皇陵)の近くで歯科医を営む一方、在野の考古学者の顔も持つ。かつて学生だった頃は同市の「いたすけ古墳」を守る運動の主要メンバーだった。高度成長期の宅地開発で多くの古墳が壊される中、文化財保護の潮流を生んだ「百舌鳥古墳群を守った男たち」の一人だ。

 考古学との出会いは小学5年。奈良県立橿原考古学研究所の初代所長を務めた考古学者・末永雅雄さんの本を読み、同県明日香村で一人で古墳巡りをするほどになった。当時の教科書には神話ばかりで縄文や弥生時代の記述がなく、疑問に思ったが、学校の先生には聞けなかった。「とんでもないことになる、と。そういう空気だった」。

 終戦翌年の1946年秋、学校帰りに堺市堺区の七観(しちかん)古墳に寄り、墳丘に開けられた穴の中で鉄…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです