メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事始め

官公庁、各地で市長訓示 /兵庫

市職員に訓示する兵庫県篠山市の酒井隆明市長(手前左)=同市役所で、丸井康充撮影

 丹波・但馬地方の官公庁では4日、仕事始め式があり、職員らは1年の決意を新たにしていた。【丸井康充、松田学】

中身ある改名を 篠山

 今年5月1日に「丹波篠山市」に市名変更する篠山市では午前8時すぎから同市役所で職員約300人が出席して仕事始めの会が開かれた。酒井隆明市長は新市名にふれ「全国的に注目されるのでみんなで盛り上げていきたい。名前だけでなく魅力のあるまちづくりを更に進めて中身もつくっていか…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです