メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斑鳩町

施設誘致 「呉竹荘」事業者に決定 町家風ホテル、21年春開業目指す /奈良

駐車場から見たホテルの完成イメージ図=奈良県斑鳩町提供

 法隆寺近くの斑鳩町有地に宿泊施設などを誘致する町の事業で、施設整備を行う民間事業者が国内外でホテル事業などを展開する「呉竹荘」(浜松市、山下智司社長)に決まった。今秋には着工し、「聖徳太子1400年御遠忌」の2021年春のオープンを目指す。

 滞在・回遊型観光地を目指す町が、国道25号に北面する町営駐車場と北隣の遊休地計約5300平方メートル(同町法隆寺1)に、農産物など「斑鳩ブランド品」を販売するマルシェ(市場)と宿泊施設、駐車場などの整備を計画。昨年7月から公募…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです