メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成を歩く

新時代へ/1 町家カフェ開店 2001(平成13)年 新旧の良さ、溶け込む町へ /奈良

築90年の町家に入る「カナカナ」の前に立つ植嶋秀文さん=奈良市で、中津成美撮影

 「こんな場所だと店が定着するのに10年はかかるよ」。近鉄奈良駅から南に徒歩15分、昔ながらの風情が残る「ならまち」地区で植嶋秀文さん(47)が町家カフェ「カナカナ」をオープンさせたのは2001年7月だった。ならまちの町家カフェの走りで、当初、大家からはそう告げられたという。

 当時は全国的なカフェブームのさなか。吹き抜けの天井や広さにひかれて物件を決めたが、植嶋さん自身「開店当初は店もほとんど無い静かな町で、店の前は近所の人や学生くらいしか歩いていなかった」と振り返る。最初の2年は客足が乏しく赤字経営だった。

 ところが雑誌の奈良特集で取り上げられたことで、瞬く間に若い女性に人気に。今では休日は約200人が来…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1228文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです