メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おっさんいんずラブ

/3 鳥取の架空の農村舞台 漫画「Turning!」 移住者へ田舎の魅力PR /鳥取

自宅で執筆活動を続ける武田愛子さん=鳥取市で、阿部絢美撮影

 琴浦町にあるイノシシ肉の解体・加工処理施設を訪れた。何度か口にしたことがあるジビエの解体作業を見て「生々しかった……」。他にも鳥取市・河原町の猟師らに農村の生活ぶりを聞いた。鳥取市在住の漫画家、武田愛子さん(32)には初めての経験ばかりだった。

 鳥取の架空の農村を舞台にした漫画「Turning!」のためのリサーチ。東京で派遣切りにあった主人公・春野ちひろ(25)が「つむぎ村」に移住し、岳(がく)と凌雅(りょうが)という若いイケメン2人と自給自足の共同生活を送るというストーリー。2018年、少女漫画誌「ココハナ」(集英社)7月号から3回短期連載した。

 大学時代、フィールドワークの一環で山村に入ったことがある。地域のコミュニティーの強さに触れた反面、…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文916文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです