メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国発・平成の挑戦者

/3 愛媛 窯業団地(砥部町) 「陶里ケ丘」 伝統工芸、新風受け入れ

女性に人気の淡い色合いの作品などが並ぶギャラリーと中村智子さん=愛媛県砥部町五本松のSTUDIO ECCOで、木島諒子撮影

10年整備

 白地に藍色の「唐草文様」、ぽってりとしたフォルムが特徴の愛媛県砥部町の伝統工芸「砥部焼」。約240年の歴史を持ち、その丈夫さとシンプルさから生活雑器として親しまれてきた。ピークの1988(昭和63)年ごろには生産額は約20億円あったが平成に入ると一気に縮小に転じた。暗雲垂れこめる中に新しい風を吹き込んだのが98(平成10)年に整備された窯業団地「陶里ケ丘」(同町五本松)だ。

 砥部焼作りを学べる塾も開講、若手を積極的に招き入れた。「自由にやらせてもらえた」。24歳で大阪市か…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです