メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 若者の奮起、支える社会に 作家・真山仁さん

 日本企業は家族的、宗教的ともいえるつながりにより一体感を作って成長してきたが、バブル崩壊後、企業は生き残ることだけを考えて社員を切り始め、社員の未来を保証しなくなった。そのしわ寄せを最も受けたのが若者だ。

 就職氷河期と言われたが、就職はできても手当が廃止されたことで、収入は上の世代より大幅に下がった。中高年が「そんな給料で働けない」と声を上げるべきだったが、自分たちが生き残るために目をつむった。社員が首切りを恐れてチャレンジしなくなり、モチベーションが下がった。それが続いたのが平成だ。

 バブル崩壊後の企業を描いた「ハゲタカ」などの小説の執筆に際して、若者にも取材をした。若者は夢を語る…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1571文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです