安倍首相

焦点、元号選定に 平成の手続き踏襲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相が新天皇即位に伴う新元号を4月1日に決定・公表すると表明し、今後の焦点は新元号の選定に移る。政府は情報管理を徹底するため、昭和天皇逝去の当日に迅速に行った前回の1989年1月7日の手続きを踏襲し、今回も選定手続きに入った即日に決定・公表する方針だ。

 首相は4日、伊勢神宮(三重県伊勢市)での年頭記者会見で「具体的にどのような過程を経て元号を選定するかは、平成改元時の手続きを踏まえつつ決めたい」と語った。

 「平成」選定は、政府が事前に専門家から回収して絞り込んだ三つの元号案について▽各界の有識者の懇談会で意見を求め▽衆参正副議長の意見を聞き▽全閣僚会議の協議を経て閣議で決定--という手続きだった。昭和天皇が逝去された翌日から「平成」を施行するため、手続きを逝去当日に全て終える必要があった。大学学長、報道機関代表など8人による懇談会の議論は約20分間で形式的と指摘され、小渕恵三官房長官(当時)が記者…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文765文字)

あわせて読みたい

注目の特集