メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/1 「2島返還+α」決断を 京産大世界問題研究所長・東郷和彦氏

=宮本明登撮影

 安倍晋三首相は「日ソ共同宣言(1956年)を基礎に平和条約締結交渉を加速させる」と表明した。宣言は「平和条約締結後、歯舞群島と色丹島を日本に引き渡す」とする。このため、首相の方針を「2島先行返還」と見る向きがある。

 だが、首相は「先行」を意図していない。「先行」とは、2島返還後、国後・択捉両島の帰属問題を協議するものだ。しかし、首相は「交渉を仕上げる」と述べており、領土問題を決着させる意思を示したとみるべきだ。

 北方領土問題は、交渉で解決するしかない。ロシアが実効支配する島を巡り、交渉の入り口をこじ開けるのは…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです