メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第1部 怒れる司祭たち/5止 広がる「反ユダヤ」

北部グダニスクのシナゴーグへの投石事件後、「もう二度と(させない)」と書いた紙を手に事件に抗議する人たち=グダニスクで2018年9月、AP

 民族主義的な傾向を強めるポーランドの与党「法と正義」(PiS)は2018年1月、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)について、「ポーランド国民が加担した」と公の場でポーランドを非難した場合、禁錮または罰金を科す法律(ホロコースト法)を下院で成立させた。ポーランド人がユダヤ人虐殺に関わった事実もあるため、すぐにイスラエルは法案を非難。だがその後、予想外の事態が起こる。近年、ポーランドでは見られなかった「反ユダヤ主義」の発言が、PiSの政治家らから大量に発信されたのだ。

 「今後、ユダヤ人と良好な関係を持つのは難しい」「反ユダヤ主義はユダヤ人自身の責任だ」--。人種差別…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです