メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治竜王 第28局の4

長期戦へ

 羽生は駒台に手を伸ばし、[後]3四銀と打ち付けた。攻めを催促しつつ自陣を補強した手厚い一着だ。激戦は一転して長期戦に。「精神力が必要な将棋になった」と検討陣がつぶやく。時計の針が午後9時を回った。

 佐藤は上着を脱ぎ、腕まくりをして盤に向かう。跳躍した2枚の桂が捕まる前に攻めの糸口を見つけたい。[先]4六銀と打ち、[先]2九飛と回って2筋を狙う。戻って[後]4四馬では[後]7一馬と一番奥まで引く順が検討されていた。[後]4四歩と[後]6四歩の催促を狙った手だが、[後]7一馬[先]2九飛[後]4四歩に[先]5三桂右成から金を入手し、[先]3五金~[先]2四歩で「2筋を絡められて自信がない」と羽生。本譜は守りにも利く位置を選んだ。

 佐藤に残り時間を示す早見表が出され、刻々と時間が過ぎていく。こんこんと頭を叩(たた)き、力強く[先…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです