メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/4 繁栄の豚とにぎやかに

イタリアの正月料理を前にほほ笑むルカ・サンバーリさん=大阪市西区の「ラ・カンティネッタ」で、久保玲撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 イタリアにはこんな言葉がある。「クリスマスは家族と、正月は過ごしたい人と」。豪華な料理を囲んでにぎやかに過ごし、正月明けには日本の餅同様、余った伝統菓子の食べ方に頭を悩ませる。

 イタリアでは、クリスマスは宗教的な意味がある日で、家族と過ごす。一方、正月は誰と一緒にいてもよく、大勢で騒ぎながら迎えるのが一般的という。

 そう教えてくれたのは、イタリアの伝統的な料理を楽しめる大阪市西区のレストラン「ラ・カンティネッタ」…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文1896文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです