メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/4 繁栄の豚とにぎやかに

イタリアの正月料理を前にほほ笑むルカ・サンバーリさん=大阪市西区の「ラ・カンティネッタ」で、久保玲撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 イタリアにはこんな言葉がある。「クリスマスは家族と、正月は過ごしたい人と」。豪華な料理を囲んでにぎやかに過ごし、正月明けには日本の餅同様、余った伝統菓子の食べ方に頭を悩ませる。

 イタリアでは、クリスマスは宗教的な意味がある日で、家族と過ごす。一方、正月は誰と一緒にいてもよく、大勢で騒ぎながら迎えるのが一般的という。

 そう教えてくれたのは、イタリアの伝統的な料理を楽しめる大阪市西区のレストラン「ラ・カンティネッタ」のオーナーシェフ、ルカ・サンバーリさん(50)。イタリア中部のトスカーナ州出身で2004年に来日したが、初めて迎えた日本の年越しは「静かで、とても寂しかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです