メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

作家の自負と円熟 語り口と描写の妙

 乙川優三郎さんの『この地上において私たちを満足させるもの』(新潮社)は、積み重ねた歳月の物語。作家自身の人生と執筆生活に培われた自負と、心境が濃厚に匂い立つ。10月に出た『二十五年後の読書』(同)に引き続き刊行され、ある部分を引き継ぐ。前作の最後に出てくる本のタイトルと同じなのだ。それは筆力の衰えが目立ち始めた熟年作家が己に挑み、みごとに限界を突破した小説という設定だった。この一事をもっても乙川さんの自負を思うが、一方で、そんなことは些事(さじ)だと笑い飛ばしそうな円熟の心境も感じる。

 『この地上~』では71歳になる作家・高橋光洋による若き日の回想と、最小限しか世間と交わらない現在が…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文963文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです