メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/4(その2止) 「楽しい」を仕事に リストラの波、働く意識転換

アプリを開発する会社を起業した吉村信平さん(中央)ら=福岡市中央区で、矢頭智剛撮影

 

 希望退職2000人を募る--。2012年、会社存続の危機にあったシャープは100年前の創業以来守り続けた社員の雇用という聖域に手をつけた。子会社の常務取締役だった巽雅幸さん(58)に回ってきたのは、募集対象者を説得するつらい役目だった。「定年まであと少し。なぜ待ってくれないのか」。家族同然だった同僚の訴えに心が折れかけたが「会社を立て直すため」と我慢した。

 だが、経営状況はさらに悪化する。子会社の社長だった15年、シャープは身売り先を探すとともに、再度希…

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 商店街にネコ、猫…新潟で86年ぶり仮装行列

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです