メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出国税

1000円、7日から 空と船、チケット上乗せ徴収

 日本からの出国時に日本人、外国人とも1人1000円の負担を求める「国際観光旅客税」の徴収が7日から始まる。訪日外国人旅行者の誘致拡大を図るために使う新たな税金で、国税では1992年の地価税以来、27年ぶりの新税となる。

 安倍晋三政権は訪日客(2018年は約3100万人)を20年に4000万人、30年に6000万人に拡大する政府目標を掲げる。国際観光旅客税は日本から海外に向かう航空機や船舶のチケット代に上乗せして徴収する。17年8月に国土交通省が「次世代の観光立国実現のための財源」として財務省に創設を要望。同年12月の…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです