メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の少子化深刻 一人っ子政策撤廃も、出生数2年連続減少予測

新年の国旗掲揚式典で国旗を手にする子供(中央)。中国では出生数減少が深刻化している=北京の天安門広場で1日、ロイター

 【北京・河津啓介】中国の少子化が深刻だ。政府は2016年に一人っ子政策を全面撤廃し、2人まで出産を認めたが、中国メディアによると、複数の専門家が18年の出生数は前年を大きく下回り、2年連続の減少となると予測。政府系研究機関は、今後10年は人口増が続くと分析するが、統計の「水増し」疑惑を指摘して「18年に人口は減少に転じた」と主張する専門家もいる。

 中国の推計人口は17年末に13億9008万人で世界最大。1979年から一人っ子政策で人口を抑制してきたが、近年は少子高齢化が問題となり、生産年齢人口は12年から減少に転じた。そこで政府は16年から2人までの出産を全面的に認めるようになった。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです