メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の少子化深刻 一人っ子政策撤廃も、出生数2年連続減少予測

新年の国旗掲揚式典で国旗を手にする子供(中央)。中国では出生数減少が深刻化している=北京の天安門広場で1日、ロイター

 【北京・河津啓介】中国の少子化が深刻だ。政府は2016年に一人っ子政策を全面撤廃し、2人まで出産を認めたが、中国メディアによると、複数の専門家が18年の出生数は前年を大きく下回り、2年連続の減少となると予測。政府系研究機関は、今後10年は人口増が続くと分析するが、統計の「水増し」疑惑を指摘して「18年に人口は減少に転じた」と主張する専門家もいる。

 中国の推計人口は17年末に13億9008万人で世界最大。1979年から一人っ子政策で人口を抑制して…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1250文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです