大谷選手、難病の小さな「翔平ちゃん」を励ます

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米大リーグで新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手が5日、心臓の動きが低下する「拡張型心筋症」のため大阪府内の病院に入院している川崎翔平ちゃん(1)=兵庫県尼崎市=を激励した。

 翔平ちゃんの名前は、野球ファンの両親が「病気を乗り越えられる強い子に」との願いを込め、北海道日本ハムファイターズで活躍していた大谷選手にあやかって付けた。現在、米国での心臓移植を目指しており、両親の友人らでつくる「し…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集