囲碁最年少棋士の仲邑さん、3歳から両親指導

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
史上最年少のプロ棋士となることが決まり、父の仲邑信也九段(右)、母幸さん(左)と記者会見し、笑顔を見せる仲邑菫さん=東京都千代田区で2019年1月5日午後2時41分、小川昌宏撮影
史上最年少のプロ棋士となることが決まり、父の仲邑信也九段(右)、母幸さん(左)と記者会見し、笑顔を見せる仲邑菫さん=東京都千代田区で2019年1月5日午後2時41分、小川昌宏撮影

 囲碁界に史上最年少の新星が登場した。小学4年生でプロ棋士の初段になることが決まった仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)。東京都千代田区の日本棋院であった記者会見では、質問への受け答えをよく考えながら、しっかりと前を向いて夢や目標を口にした。

 菫さんは囲碁が身近にある環境で育った。父の仲邑信也九段(45)が自宅で囲碁の勉強をしていると、赤ん坊だった菫さんが近寄って碁石を触るので、抱っこしながら勉強を続けたという。3歳のとき、囲碁教室講師の経験があるアマ六段の母、幸(みゆき)さんがルールを教え、仲邑九段主宰の教室で、入門の子供たちと一緒に勉強を始めた。両親は菫さんについて「気が強く、負けず嫌い」と口をそろえる。菫さんも囲碁の楽しさについて「勝ったときがうれしい」と言い切る。

 小学2年生の時、囲碁の勉強のため初めて韓国ソウルに渡り、2017年4月からは韓国のプロの道場で研さんを積んだ。幸さんとゲストハウスに長期滞在して道場に通い、囲碁漬けの毎日。韓国の学生全国大会の小学生低学年の部で優勝し、対局姿勢や才能が高く評価された。幸さんは「日本の9歳でこれだけ勉強時間を積み重ねた子はあまりいないと思う」と成長を見守っている。現在は毎日6~9時間、囲碁の勉強に打ち込む。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文855文字)

あわせて読みたい

注目の特集