メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ界トラブル 公取委が情報提供呼びかけ

 チームの了承を得ずに移籍したスポーツ選手が試合に出られないといったトラブルについて、公正取引委員会が情報提供を呼びかけている。スポーツ界に特化した調査は初めてで、業界の自浄を求める狙いもある。

 公取委は昨年2月、個人事業主として企業などから仕事を請け負うフリーランスに対する不当な契約慣行は「独占禁止法が禁じる『優越的地位の乱用』に抵触する可能性がある」との報告書をまとめた。報告書は、就労形態の多様化を受けたもので、IT分野や著述分野などが対象だったが、「スポーツや芸能分野に関する問題とも重なる部分がある」と指摘する声もあった。

 そのため、公取委は報告書公表後、日本ボクシング連盟が元プロ選手の五輪出場を制限している▽日本実業団…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです