メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年の選挙

参院選は混戦模様 4月に統一地方選も /兵庫

 今年は夏に参院選があり、県内では4月の統一地方選を含め県議と神戸市議など16市町の議員選と姫路、明石両市長など10市町の首長選が予定される。

 参院選は前回(2016年)から改選数が1増の3になった。自民党は衆院2期、参院4期を務め、引退表明していた鴻池祥肇氏が昨年12月に死去。新人で県議の加田裕之氏(48)を擁立した。公明党は新人で元外務省職員の高橋光男氏(41)を立て、前回に続く議席の確保を目指す。共産党は新人で党県常任委員、金田峰生氏(53)を擁立。日本維新の会は唯一の現職、清水貴之氏(44)が再選を目指す。立憲民主党も女性を軸に候補擁立を検討しており、混戦模様だ。

 市長選は赤穂市(今月20日投開票)が皮切り。現職の明石元秀氏(68)と新人で元県職員の牟礼正稔氏(…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1235文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです