メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/4 ファームスズキ社長 鈴木隆さん(42) 生態系守る養殖法 /広島

車エビの養殖池の前で、「手間をかけ、最適な生態系を保っている」と話す鈴木隆さん=広島県大崎上島町で、高山梓撮影

 日照時間が長く気候が温暖な瀬戸内海沿岸では、古くから塩製造が盛んだった。竹原港(竹原市)からフェリーで約30分の大崎上島(大崎上島町)で車エビやカキの養殖をするファームスズキの養殖池も、塩田跡の池を利用したものだ。

 現在、県内で車エビを養殖するのはファームスズキのみ。生態系を守るため毎年時間をかけて池の環境を整え、薬品を一切使用しない手法にこだわる。社長の鈴木隆さん(42)がこの養殖池と出会ったのは2011年春。小学校の頃から魚釣りが好きで、水産大学校を卒業後に水産物卸会社に就職。08年に冷凍カキの輸出会社を設立し、海外に通用する殻付きのカキの養殖を始めようと候補地を探していたところだった。

 池は1955年ごろから車エビ養殖が盛んに行われていたが、バブル崩壊とともに価格が暴落するなどして廃…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです