メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

ふくおか鉄道開通130年/4 九州芸文館総支配人 本田雅紀さん(62) /福岡

軽便鉄道、痕跡を紹介

 今では忘れられつつあるが、明治時代の終わりから昭和にかけ、筑後地方には幾つもの軽便鉄道が走っていた。一般の鉄道より簡易な規格で安く整備できるが、小さく、スピードも遅い列車。その中の一つ、1938年に廃止された「九州肥筑鉄道(東肥鉄道)」の痕跡をたどったと聞き、案内してもらった。

 鉄道は、みやま市瀬高町から熊本県南関町まで運行していたという。線路跡は田畑や住宅などに変わり、汽車が走っていたと想像するのは難しい。ただ、新しい民家のわきの小川に石積みの橋台が残っていたり、レンガのアーチ橋が草の中から顔を出していたりする。昨年夏、インターネットの情報などを基に出掛けたという。「車で走ってもなかなか見当たらないのですが、遺構がふと目に入っ…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです