メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

中国残留孤児の現在 アイデンティティー求め=城戸久枝・ノンフィクションライター

ノンフィクション作家の城戸久枝さん=東京都千代田区で2018年9月7日、根岸基弘撮影

 「じいじはどうして中国で迷子になったの?」

 小学2年生の息子が聞いてきた。今、私は中国残留孤児だった父の半生を、児童書としてまとめている。物語が子供にきちんと伝わるか確認するために、寝る前に息子に対して読み聞かせているのだが、そのときに息子から投げかけられた質問だった。

 「昔ね、戦争があったとき、じいじはお父さん、お母さんと満州、今の中国に行っていたの。日本が戦争に負けたとき、お父さんお母さんと離れ離れになったのよ」

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです