メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

精神学会、自己検証へ 負の歴史、重い扉

旧優生保護法に基づく強制手術数

 戦後日本の優生政策に組み込まれ、旧優生保護法(1948~96年)に基づく精神障害者らへの不妊手術に加担した精神医療界が同法改定から23年後の今年、「負の歴史」と向き合う。しかし、本来患者を守る立場だった精神科医や入所施設は強制手術に抵抗することなく、逆に一部は積極的に加担しており、検証が進むかは不透明だ。国による検証を求める声も高まっている。【千葉紀和】

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです