メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

精神学会、自己検証へ 負の歴史、重い扉

旧優生保護法に基づく強制手術数

 戦後日本の優生政策に組み込まれ、旧優生保護法(1948~96年)に基づく精神障害者らへの不妊手術に加担した精神医療界が同法改定から23年後の今年、「負の歴史」と向き合う。しかし、本来患者を守る立場だった精神科医や入所施設は強制手術に抵抗することなく、逆に一部は積極的に加担しており、検証が進むかは不透明だ。国による検証を求める声も高まっている。【千葉紀和】

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです