メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

精神学会、自己検証へ 負の歴史、重い扉

旧優生保護法に基づく強制手術数

 戦後日本の優生政策に組み込まれ、旧優生保護法(1948~96年)に基づく精神障害者らへの不妊手術に加担した精神医療界が同法改定から23年後の今年、「負の歴史」と向き合う。しかし、本来患者を守る立場だった精神科医や入所施設は強制手術に抵抗することなく、逆に一部は積極的に加担しており、検証が進むかは不透明だ。国による検証を求める声も高まっている。【千葉紀和】

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2086文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです