メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

精神学会、自己検証へ 負の歴史、重い扉

旧優生保護法に基づく強制手術数

 戦後日本の優生政策に組み込まれ、旧優生保護法(1948~96年)に基づく精神障害者らへの不妊手術に加担した精神医療界が同法改定から23年後の今年、「負の歴史」と向き合う。しかし、本来患者を守る立場だった精神科医や入所施設は強制手術に抵抗することなく、逆に一部は積極的に加担しており、検証が進むかは不透明だ。国による検証を求める声も高まっている。【千葉紀和】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです