メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

甘酒、どんな効果あるの? 高い栄養価「飲む点滴」 糖質多め要注意=回答・小野まなみ

神社での甘酒の振る舞い。初詣客が暖をとった=北九州市小倉北区で2019年1月3日、小野まなみ撮影

 なるほドリ お正月に初詣(はつもうで)に行ったら甘酒(あまざけ)を振(ふ)る舞(ま)われたよ。

 記者 温かい甘酒が振る舞われると、うれしいですよね。九州産業大の平山昇(のぼる)准教授(じゅんきょうじゅ)(日本近代史)によると、初詣は明治以降(いこう)に活発になった参詣(さんけい)スタイルで、甘酒の接待(せったい)は、昭和に入って神社仏閣(ぶっかく)の競争が激(はげ)しくなる中で、客を呼(よ)び込(こ)む策の一つとして広まったと考えられています。ほかにも、お神酒(みき)やおとその代わりにいただき無病息災(むびょうそくさい)や長寿(ちょうじゅ)を祈(いの)るなどの説があるようです。

 Q 甘酒はお酒じゃないの? 子どもでも飲めるのかな。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです