メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

甘酒、どんな効果あるの? 高い栄養価「飲む点滴」 糖質多め要注意=回答・小野まなみ

神社での甘酒の振る舞い。初詣客が暖をとった=北九州市小倉北区で2019年1月3日、小野まなみ撮影

 なるほドリ お正月に初詣(はつもうで)に行ったら甘酒(あまざけ)を振(ふ)る舞(ま)われたよ。

 記者 温かい甘酒が振る舞われると、うれしいですよね。九州産業大の平山昇(のぼる)准教授(じゅんきょうじゅ)(日本近代史)によると、初詣は明治以降(いこう)に活発になった参詣(さんけい)スタイルで、甘酒の接待(せったい)は、昭和に入って神社仏閣(ぶっかく)の競争が激(はげ)しくなる中で、客を呼(よ)び込(こ)む策の一つとして広まったと考えられています。ほかにも、お神酒(みき)やおとその代わりにいただき無病息災(むびょうそくさい)や長寿(ちょうじゅ)を祈(いの)るなどの説があるようです。

 Q 甘酒はお酒じゃないの? 子どもでも飲めるのかな。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです