連載

けいざい・因数分解

記事に登場するさまざまな数字を読み解きます。

連載一覧

けいざい・因数分解

897兆円 2019年度末の国債残高見通し 「借金漬け」財政、常態化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本の財政の推移
日本の財政の推移

 国の借金に当たる国債残高が2019年度末に897兆円に達する見通しだ。毎年の予算編成で必要経費を税収だけで賄えず、不足分を新たな国債の発行で補う「借金漬け」の財政運営が常態化しているためだ。

社会保障費増と税収低迷で膨張

 政府が先月下旬に閣議決定した19年度予算案は一般会計の総額が101・5兆円と当初予算として初めて100兆円の大台を突破した。医療や介護、年金などの社会保障費が増えているのに加え、今年10月に予定する消費税増税後の景気落ち込みに備え2兆円の経済対策を盛り込んだのが要因だ。これに対し、歳入の柱である税収は62・5兆円。政府保有株の売却などでかき集めた税外収入(6・3兆円)と合わせても必要経費を賄えず、新たに32・7兆円の国債を発行せざるを得なかった。歳入全体に占める新規国債の割合(国債依存度)は32・2%だ。

 新規国債の発行額は前年度当初比1兆円減と9年連続で減らしており、政府は「経済再生と財政健全化の両立を図れた」(麻生太郎財務相)と自賛。だが、家計に例えると、月給63万円の世帯が食費や医療費などで102万円の支出をし、6万円の臨時収入があってもまるでお金が足りないため33万円を借り入れている状態だ。借入額が前の月に比べ1万円減ったとはいえ、必要経費の3割以上を借金に頼る異常な構図に変わりなく世帯主…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1507文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集