メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ヤマハ 「3本の音叉」に込めた情熱

=ヤマハ提供

 浜松市に本社を置く世界最大の総合楽器メーカー。和歌山県出身で、医療機器の修理技師として浜松に派遣されていた山葉寅楠(やまはとらくす)(1851~1916年)が36歳の時、浜松尋常小学校から舶来オルガンの修理を頼まれ、「国産化すれば国益になる」とひらめいたのが起源だ。

 内部の構造を図面に描き写し、試作品を音楽取調所(現・東京芸術大)に持ち込んだ。調律の不備を指摘され、音楽理論と調律を学び直して国産初のオルガンを完成させた。

 調律は楽器に命を吹き込む工程。音程を合わせる音叉(おんさ)を片手に苦労した山葉の情熱が、ロゴマーク…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです