メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/5 福が飛び出す水ギョーザ

「中華料理 チャイナ」を営む大中笑子さん(左)と料理人の男性。「福」と書かれた赤い正月飾りは笑子さんの夫が中国で買った=京都府福知山市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中国では北部を中心に、家族で作った水ギョーザを、旧暦に基づく旧正月の春節(今年は2月上旬)に食べて祝う。あんから何が出てくるか。一年の運勢を占い、新年に欠かせない料理だ。

 中国のことわざに「舒服不如倒着、好吃不如餃子(気分がよくなるには寝るにしかず、おいしいものならギョーザにしかず)」とある。京都府福知山市の「中華料理 チャイナ」の店長、大中笑子さん(57)を訪ねた。「一番好きな食べ物はギョーザ」と笑子さん。中国東北部のハルビン市出身で幼い頃からギョーザを作った。「包んだギョーザを2歳くらいで並べることができる。8、9歳ごろにはギョーザを作っていた」と話す。

 母は中国残留孤児で、笑子さんは家族で1979年に帰国した。笑子さんは春節の思い出を「豪華な料理やおやつを食べたり、新しい服を作ってもらったり、爆竹を鳴らしたりして祝う。とても楽しみだった」と振り返る。来日3年目の料理人の男性(44)も「ギョーザをたくさん食べるが、中にはコインなどを入れたものがあり、当たると幸せになるといわれている。春節が待ち遠しかった」という。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです