メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/5 福が飛び出す水ギョーザ

「中華料理 チャイナ」を営む大中笑子さん(左)と料理人の男性。「福」と書かれた赤い正月飾りは笑子さんの夫が中国で買った=京都府福知山市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中国では北部を中心に、家族で作った水ギョーザを、旧暦に基づく旧正月の春節(今年は2月上旬)に食べて祝う。あんから何が出てくるか。一年の運勢を占い、新年に欠かせない料理だ。

 中国のことわざに「舒服不如倒着、好吃不如餃子(気分がよくなるには寝るにしかず、おいしいものならギョーザにしかず)」とある。京都府福知山市の「中華料理 チャイナ」の店長、大中笑子さん(57)を訪ねた。「一番好きな食べ物はギョーザ」と笑子さん。中国東北部のハルビン市出身で幼い頃からギョーザを作った。「包んだギョーザを2歳くらいで並べることができる。8、9歳ごろにはギョーザを作っていた」と話す。

 母は中国残留孤児で、笑子さんは家族で1979年に帰国した。笑子さんは春節の思い出を「豪華な料理やお…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1806文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです