メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「新年」に食べる

日本の中の世界/5 福が飛び出す水ギョーザ

「中華料理 チャイナ」を営む大中笑子さん(左)と料理人の男性。「福」と書かれた赤い正月飾りは笑子さんの夫が中国で買った=京都府福知山市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中国では北部を中心に、家族で作った水ギョーザを、旧暦に基づく旧正月の春節(今年は2月上旬)に食べて祝う。あんから何が出てくるか。一年の運勢を占い、新年に欠かせない料理だ。

 中国のことわざに「舒服不如倒着、好吃不如餃子(気分がよくなるには寝るにしかず、おいしいものならギョーザにしかず)」とある。京都府福知山市の「中華料理 チャイナ」の店長、大中笑子さん(57)を訪ねた。「一番好きな食べ物はギョーザ」と笑子さん。中国東北部のハルビン市出身で幼い頃からギョーザを作った。「包んだギョーザを2歳くらいで並べることができる。8、9歳ごろにはギョーザを作っていた」と話す。

 母は中国残留孤児で、笑子さんは家族で1979年に帰国した。笑子さんは春節の思い出を「豪華な料理やお…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです