メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ウンベルト・エーコの世界文明講義』=ウンベルト・エーコ著、和田忠彦・監訳、石田聖子ほか訳

 (河出書房新社・4968円)

重層する文明への史眼

 中世以来、ヨーロッパでは「巨人の肩に乗った小人」という言い回しが好まれたという。そこに立てば巨人よりもずっと遠くを見ることができるからだ。その半面、もっとも時代の診断が下手なのはその時代を生きる者たちでもある。原著の表題『巨人の肩に乗って』も、語り手としての思想家エーコの重層する文明への史眼が感じられるのだ。

 著者は大学の卒論で中世神学者の美をめぐる問題を扱った。だが、五〇年の歳月を経ても、美の概念の答えは…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです