メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

平成の文学 池澤夏樹・選

 <1>八日目の蝉(角田光代著/中公文庫/637円)

 <2>歌集 トリサンナイタ(大口玲子著/角川書店/1404円)

 <3>雪の練習生(多和田葉子著/新潮文庫/594円)

 平成とはどういう時代であったのか、その像を明確に描くのはまだむずかしい。昭和が戦前と戦後、どちらもくっきりしているのに比べると、近すぎてさまざまな事件など細部にばかり目が行く。

 あぶく景気がはじけたのが平成三年の二月。それ以来、経済はずっと低空飛行を続け、政治はひたすら劣化、…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです