メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『機密費外交』=井上寿一・著

 (講談社現代新書・994円)

 1945年8月14日、敗戦直前。大日本帝国政府は重要機密文書の焼却を閣議で決定した。あちこちの役所で煙が立ち上った。機密費を記録した文書も多くが焼かれただろう。本書は、かろうじて残った外交機密費の記録を読み解き、副題である「なぜ日中戦争は避けられなかったのか」という謎に迫る。

 満州事変から日中戦争前夜まで。スパイを使っての情報収集や、メディアを活用した広報活動の実態が明らか…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです